NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

成蹊学園の一貫教育の取り組み『成蹊オープン・ゼミ』として、学園卒業生の映画監督・著述家の馬場康夫氏による講演会が行われました

2016年 12月 20日 学園

成蹊学園では、小学校・中学校・高等学校・大学がワンキャンパスの中で活動する歴史と利点を活かした一貫教育(学校間連携)の取り組みとして、好奇心でつながる『成蹊オープン・ゼミ』を2015年度から開始しています。

今回は、『成蹊オープン・ゼミ』を運営している学校間連携強化タスクフォースチームと学園史料館との共同企画として「心の力塾」を開催。小学校から成蹊学園で学び、成蹊大学工学部を卒業された映画監督で著述家の馬場康夫氏(ホイチョイ・プロダクションズ代表取締役社長)をお招きし、『成蹊で育つ個性』と題したワークショップ・講演会を行いました。お話の中では、“ニーズは大人になってから掴むことができるが、シーズは子供の頃の記憶や体験の蓄積が核となる。成蹊教育によって心から尊敬できる恩師からたくさんの種を蒔いてもらった。”など、成蹊教育の魅力についてご本人のエピソードを交えながら語っていただきました。また、小学校時代の恩師である野村純三先生の米寿をお祝いする会のときの映像を映され、「38年目のこころの授業~50歳を迎える君たちへ~」と題した野村先生の貴重な講義の模様を振り返りました。『成蹊オープン・ゼミ』の名のとおり、大教室やホールではなく、史料館ガイダンスルームで座談会のような和やかな雰囲気の中で行われ、教職員26名の参加者と近い距離感での対話が交わされていました。

 

IMG_7972.JPG  IMG_7977.JPG

IMG_7980.JPG  IMG_7991.JPG

戻る

page top