教育・研究について

教育・研究について

成蹊大学の理念・教育目標等

成蹊大学の理念・目的

 成蹊学園創立者中村春二が目指した教育理念である「自発的精神の涵養と個性の発見伸長を目指す真の人間教育」を踏まえ、成蹊大学は次のミッションを掲げます。

  • 1. 知育偏重ではなく、人格、学問、心身にバランスのとれた人間教育を実践し、確かな教養と豊かな人間性を兼ね備え、社会の発展のために献身的に貢献できる人材を輩出する。
  • 2. 学術の理論及び応用を教授研究し、自由な知の創造をはかり、もってその深奥を究めて文化の進展に寄与する。
  • 3. 地域社会に根ざしつつ、世界に開かれた教育・研究機関として、その成果を社会に還元することを通じて、人類の共存に寄与する。

 以上のミッションを達成するため、成蹊大学に適切な学部、学科、研究科、専攻を設置します。それぞれの固有の理念は、学部、学科、研究科、専攻ごとに定めます。

成蹊大学の教育目標(人材育成方針)

 成蹊大学は「理念・目的」を踏まえ、以下の人材育成方針のもとに教育を行います。

  • 1. 広い教養と深い専門知識を備え、課題発見、解決に向けて本質を探究する思考力を養成する。
  • 2. 多様な文化、環境、状況に対応し、他者と協働できる真のグローバル力を養成する。
  • 3. 未知のものに積極的に挑み、生涯学び続けようとする自発性と積極性を養成する。
  • 4. 個を具え、自分の考えや意見を的確かつ明瞭に表現、発信する力を養成する。
  •  

policy.png

 

 各学部・研究科における人材の養成に関する目的その他教育研究上の目的はこちら:

 【大学】

 【大学院】

成蹊教養カリキュラムの教育目標

 中世ヨーロッパに大学が生まれて以来、教養教育の根幹には長らく言葉の探究(文法・論理・修辞学)と自然の探究(天文学・算術・幾何学・音楽)が据えられてきました。言葉と自然に関する素養こそが、あらゆる知識の基盤になると考えられてきたからです。

 成蹊教養カリキュラムはこうした教養教育の伝統を受け継ぎながら、文系学部と理系学部が同一キャンパスにあるという本学の特色を活かし、グローバル化時代にふさわしい、専門性を備えた教養人を育成することを目指します。その実現のために、5つの目標を置きます。

  • (1)文系・理系の枠を越えた、幅広い視野と素養を育むこと
  • (2)論理的・批判的(クリティカル)な思考力と、それを支える情報活用力を身につけること
  • (3)人間や文化、社会の多様性を認識し、自分と異なる価値観や感性をもった者と対話できる力を高めること
  • (4)日本語や英語をはじめとする諸言語に対する関心と知識を深め、運用能力を向上させること
  • (5)自律的学修能力を身につけ、生涯学び続けるための基礎を固めること

 これらの目標を達成するため、教養カリキュラム全体を通じて以下のような力を育成することを目指します。

  • 1. 「個性尊重の人格教育」という学園建学以来の理念と大学の教育目標を踏まえ、文化や価値観などが異なる人びとを理解・尊重し、またそうした人びととのコミュニケーションを通じて自らを理解・確立しようとする動機をもっている。
  • 2. 自分は相手と何を共有し、共有していないのかを考えながら、相手の主張の背後にある文脈を踏まえて発言を理解するとともに、自分の主張が相手にどのような文脈で理解される可能性があるのかに注意を払い、表現の内容及び方法を適切に調整できる。
  • 3. 文献調査や資料整理の方法、論理的文章を書く際のルールなど、大学の専門課程で学修をおこなう上で求められる基本的な技能を身につけている。また、プレゼンテーションやグループワークの方法、及びそれと関連する情報メディアの利用法を修得している。

成蹊大学の学位授与の方針(Diploma Policy;DP)

 成蹊大学は、「教育の目標(人材育成方針)」を踏まえ、次のように学位授与の方針を定めます。

「専門分野の知識・理解」「教養の修得」「課題の発見と解決」「他者との協働」「自発性、積極性」「表現力、発信力」の各項目に関して以下の要件をすべて満たし、かつ本方針を踏まえて作成された各学科、専攻の教育課程において所定の単位を修得した者に対して所定の学位を授与します。

  •  
  • 【教養の修得】
  • (DP1) 人文科学、社会科学、自然科学及びこれらにまたがる学際的な分野に関して、それぞれの分野の基本的な概念と基礎となる思考方法を理解し、人間社会の諸問題を多角的に把握するための論理的かつ総合的な思考力を身に付けている。
  • 【課題の発見と解決】
  • (DP2) 社会の諸問題を理解するために必要な情報(日本語または英語で書かれた文献、統計等を含む)を調査収集し、本質的な課題を発見・解決するために、調査収集した情報を的確に分析する能力(語学力に裏打ちされた読解力を含む。)を身に付けている。
  • 【他者との協働】
  • (DP3) 多様な文化、環境、状況のもとで、多様な価値観を理解し他者を思いやり、他者の意思や感情を的確に理解して意思の疎通を行うコミュニケーション力(語学力を含む。)と協調性を身に付けている。
  • 【自発性、積極性】
  • (DP4) 特別な教育プログラムや学外活動(留学、インターンシップ、ボランティア等を含む)に積極的に挑戦した経験を有し、生涯学び続けようとする強い自発的意志を有している。
  • 【表現力、発信力】
  • (DP5) 自己の世界観、人生観を確立し、それに基づく自己の意見を、外に向けて発信できる豊かな表現力を身に付けている。
  •  
  • *【専門分野の知識・理解】
  • 専門分野の知識・理解については、各学科、各専攻の人材育成方針を踏まえて、学科、専攻ごとに定めることとします。

成蹊大学の教育課程編成・実施の方針(Curriculum Policy;CP)

 成蹊大学は、「学位授与の方針」を踏まえ、次のような方針で教育課程を編成・実施します。

  •  
  • <大学(学士課程)共通>
  • (CP1) 大学共通DPおよび各学科固有DPの各項目の達成、及び学生の自発的かつ能動的な学習の徹底を図るため、各学科の教育課程において8単位以上必修の演習科目を置き、卒業論文(またはこれに代わるもの)の作成を必修とする。
  •  
  • <成蹊教養カリキュラム>
  • (CP2) 大学共通DPの各項目を達成するために、全学共通の成蹊教養カリキュラムを策定する。カリキュラムとDPの各項目との関係はカリキュラムマップ(付表)によって示す。
  • (CP2-1) 円滑な高大接続と(DP4)を達成するため、学部1年次前期をプレ・タームとし、学びの動機づけを目的とした科目を配置する。
  • (CP2-2) (DP4)の確実な達成を目指して、成蹊教養カリキュラム及び各学科のカリキュラムに留学、インターンシップ、ボランティア等の単位認定のしくみを設け、さらに成蹊国際コース等の選抜型の教育プログラムを設置する。
  •  
  • <大学院(博士前期・後期課程、法務研究科を除く)共通>
  • (CP1) (DP1)を達成するため、大学院共通に学際分野に関する科目を置き、全学的な運営を行う。
  • (CP2) (DP2)~(DP5)を達成するため、すべての研究科において演習科目を必修とし、可能な限り少人数で指導教授による適切な指導を行うものとする。

成蹊大学の入学者受入れの方針(Admission Policy;AP)

 【大学】
(入学者選考方針)
 成蹊大学では、多様性に配慮しつつ、本学で学ぶために必要とされる基礎的学力や適性、学習歴などをそれぞれの入学試験で多面的に判断しますが、その際、次の「求める学生像」を重視します。
(求める学生像)
  • 1. 希望する専攻分野のみならず、広く自然・社会・文化に旺盛な好奇心がある。
  • 2. 向上心を持ち、大学で学んだ知識を活かして社会に貢献したいという意欲がある。
  • 3. 希望する専攻分野で学修することができる基礎的学力を有する。
(入学試験)
 成蹊大学では、本学で学ぶために必要な学力を、Ⅰ.十分な知識・技能、Ⅱ.それらを基盤として問題に対する解を自ら見出していく思考力・判断力・表現力等の能力、Ⅲ.これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、の3点と捉え、各入学試験において各学部・学科の人材育成・教育研究上の目的に基づき、次の点を中心に評価をしています。
1. 一般入試
 (1)独自入試
  ① 3教科型学部個別入試(A方式) Ⅰ
  ② 2教科型全学部統一入試(E方式) Ⅰ
    *いずれも筆記試験の得点で合否判定
 (2)大学入試センター試験利用入試
  ① 3教科型入試(C方式) Ⅰ
  ② 4教科6科目型奨学金付入試(S方式) Ⅰ
    *いずれも大学入試センター試験の筆記試験の得点で合否判定
 (3)センター・独自併用入試
  ① 5科目型国公立併用アシスト入試(P方式) Ⅰ
    *筆記試験の得点で合否判定
  ② 5科目型多面評価入試(M方式) Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
    *筆記試験の得点及び面接試験での総合的評価による合否判定
2. AOマルデス入試(帰国生・社会人・外国人入試を含む)
   Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
    *書類審査及び面接試験での総合的評価による合否判定
    *学部によっては人材育成・教育研究上の目的に基づき筆記試験を課し実施する。
 【大学院】
(入学者選考方針)
 成蹊大学大学院では、各研究科で研究するために必要とされる基礎的学力や適性、学修歴などをそれぞれの入学試験で多面的に判定しますが、その際、次の「求める学生像」を重視します。
(求める学生像)
  • 1. 大学院で研究した高度の専門知識を生かして社会に貢献したいという意欲がある。
  • 2. 希望する研究科で研究することのできる基礎的学力を有している。

成蹊大学のグローバル化戦略(Global Policy)

 成蹊大学の教育目標を踏まえ、21世紀のグローバル化時代に貢献できる専門性を備えた教養人を育成するために、次の3つの柱を成蹊大学のグローバル化推進のための基本戦略として設定します。

 

 国際理解教育の重視
自分の軸をしっかり持ち、多様な文化、環境のもとでの異なる価値観に柔軟に向き合うことのできる豊かな人間性を育む。
  • 1. 成蹊英語教育プログラム(ASSET)の強化
  • 2. 異文化理解教育プログラムの充実
  • 3. 英語等の自律的学修能力の育成
  • 4. グローバル化に対応する専門教育課程の充実
 グローバル人材の養成
課題に対して多様な価値観を持つ他者と協働して積極的に取り組める真のグローバル力を育成することにより、国際社会に貢献できるグローバル・リーダーを養成する。
  • 1. 成蹊国際コースの設置
  • 2. 国際交流寮の設置と国際交流プログラムの実施
  • 3. 留学プログラムの強化
 研究・教育の国際化の推進
研究・教育両面で豊かな国際感覚を有し、グローバル人材養成を担うことのできる教員を養成する。
  • 1. 海外研修制度の充実
  • 2. 国際会議参加支援制度の充実
  • 3. グローバル・スタンダードを満たす研究環境の整備
  • 4. 外国人教員の積極的活用
  •  

globalpolicy.png

成蹊大学の求める教員像と教員組織の編制方針

 成蹊大学の理念に基づく教育目標に沿った教育を行い、大学として社会の要請に応え、その公共的役割を果たすためには、教員が使命感と主体性をもって教育・研究に携わることが期待されます。そのために、本学では以下の方針に沿った求める教員像、教員組織編制のもとで教育・研究を遂行します。

 

 成蹊大学の求める教員像
  • 1. 本学の理念、教育目的・目標及び各学部・研究科の諸目標を十分に理解していること。
  • 2. 学生に対し、愛情と熱意を持って指導する教育力を備えていること。
  • 3. 国際的に通用する高度な研究力を有していること。
 教員組織の編制方針と整備
  • 1. 大学及び各学部・研究科の教育目標を実現するための十分かつ適切な教員を配置・組織する。
  • 2. 大学及び各学部・研究科のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づき適切な教育プログラムを遂行するため、教員の専門性、配置等について大学運営会議で基本方針を策定し、それに基づき、各学部・研究科で随時点検を行う。
 募集・採用・昇格方針
  • 1. 教員の募集・採用にあたっては、透明性、適切性を保ちつつ、成蹊大学の求める教員像を踏まえ、大学及び各学部・研究科の採用方針に則って選考を行う。
  • 2. 教員の昇格にあたっては、透明性、適切性を保ちつつ、大学及び各学部・研究科の昇格基準に則って審査を行う。
 教員の資質向上方針
  • 1. 各学部・研究科は、教員の教育力の向上に組織的に取組むものとする。そのため、大学は全学FD委員会において教育の資質向上のために必要な方策を示すとともに、高等教育開発・支援センターを中心にファカルティ・ディベロップメントに関する支援を行う。
  • 2. 教員の研究力の維持・向上のために、大学は研修制度、各種研究助成等による研究支援を行うほか、大学図書館等における研究環境の整備、拡充を行う。

学生支援に関する方針

 基本方針
本学の理念及び目的のもとで、その教育目標実現のため、学生一人ひとりが学修に専念でき、また充実した学生生活を送ることができるよう、修学、生活及び進路支援の体制を整備します。
 修学支援
  • 1. 情報図書館の充実、学内ICT環境の拡充等を通じて、学生が自律的に学修できる環境を整備する。
  • 2. 履修相談、留学相談等、修学に関する相談体制を各組織の連携を図りつつ整備する。
  • 3. 留年者及び休・退学者の状況を把握、分析し、各組織の連携のもと、適切な対応策を講じる。
  • 4. 学生一人ひとりが学修に専念できるよう、奨学金制度の整備し、また障がいのある学生の学修支援体制を整備する。
  • 5. 国際交流施設、留学制度等の充実を図り、学生がグローバル力を涵養できるよう、環境整備、支援を行う。また、海外からの留学生に対して、日本語プログラムを含む総合的な修学支援体制を整備する。
  • 6. SA (Student Assistant)、TA (Teaching Assistant)等、学生が大学等の教育研究活動の一端を担いつつ経済的支援が得られる制度を整備する。
  • 7. 大学院生の研究活動を支援するための学会発表等助成、博士論文出版等助成などの支援制度を整備する。
 生活支援
  • 1. 学生が心身ともに健康で安全な学生生活を送ることができるよう、健康支援センターや学生相談室等の必要な基盤を整備する。
  • 2. 学生一人ひとりが個人として尊重され、快適な環境のもとで学生生活が送れるよう、ハラスメント防止の啓発に努め、またハラスメントが発生した場合に適切に対応する。
  • 3. 学生によるクラブ、サークル、ボランティア等の課外活動を支援するための環境を整備する。
  • 4. 海外からの留学生に対する生活支援体制を整備する。
  • 5. 学生支援機能を充実させるため、父母懇談会、地域懇談会等を通じて保護者等との連携を強化する。
 進路支援
  • 1. 学生一人ひとりのキャリア形成を支援するため、初年次から体系的なキャリア教育を実施し、またその充実を図る。
  • 2. キャリア支援センターを中心に、学生が自ら考え、進路を決定できる力を養うため、進路選択に係わる各種プログラムを実施するとともに、きめ細かなキャリア支援体制を整備する。
  • 3. 学生の社会人基礎力を高めるため、課題解決型インターンシップ・プログラムをはじめとした、産学連携等による人材育成プログラムを整備する。
  • 4. 海外からの留学生に対する総合的な進路支援体制を整備する。

教育・研究環境の整備に関する方針

 基本方針
本学の理念及び目的に基づき、教育・研究を支援するためのキャンパス(校地・校舎・施設及び設備全般)を以下の方針に沿って整備します。
  • 1. 教育・研究活動の更なる高度化を目指し、もって社会に貢献できるよう、教育・研究環境を整備する。
  • 2. 武蔵野の豊かな自然と伝統ある景観を継承しつつ、学生、教職員及びその他の利用者が安心かつ安全に利用できる、近代的な教育・研究環境を整備し、「自然」・「伝統」・「未来」が調和したキャンパスを維持する。
  • 3. 環境に配慮したエコ・キャンパスの整備を推進する。
 情報図書館
情報図書館を教育・研究活動を支える学術情報基盤の中核として位置付け、研究支援機能及び学生の学修機能の充実を図るため、ハードウェア及びソフトウェアの両面からその機能を強化する。
 ICT環境
  • 1.学生及び教職員の学修、研究及び業務を支援するために、情報システムの管理及びネットワーク環境を整備する。
  • 2. ICT環境を取り巻く様々なリスクを分析・評価し、システムの安全性を高度に担保できる環境を整備するとともに、学生及び教職員への情報倫理の周知及び理解を徹底する。
 研究環境
  • 1. 教員の研究力の維持・向上のため、研究施設・設備を整備するとともに、研修制度、各種研究助成等による研究支援を行う。
  • 2. 科学研究費補助金等の外部資金による研究活動を推進するための一層の支援を行う。
  • 3. 公正な研究活動を推進するため、研究費の適正な執行及び管理を行い、研究倫理の浸透を徹底する。

社会連携・社会貢献に関する方針

 本学の理念及び目的に基づき、教育・研究活動の多様な成果を広く社会に還元するため、本学は、産学連携、社会連携及び社会貢献に関する方針を次のように定めます。

 

 産学連携
本学は、産官学の組織的連携を強化し、教育・研究の成果を地域社会・国際社会に還元するとともに、社会に有為な人材を育成する。この目的のため、
  • 1. 企業等と連携して、学生のインターンシップ研修制度を整備する。
  • 2. 企業等と連携して、プロジェクト型授業を実施する。
  • 3. 企業等との共同研究プロジェクトを奨励する。
 地域連携
本学は、地方自治体、地域の企業・組織と連携し、教育・研究活動の多様な成果を還元することにより、地域社会の発展に貢献する。この目的のため、
  • 1. 地方自治体や組織の協力のもと、社会人が生涯にわたって学び続けることができる多様な学修プログラムを整備する。
  • 2. 地方自治体、地域の企業・組織と連携し、地域の課題解決のための研究プロジェクト実施を支援する。
 社会貢献
本学は、本学学生及び教職員による社会貢献活動を支援する。この目的のため、
  • 1. ボランティア支援センター等を通じて、学生及び教職員の社会貢献意識の高揚を図り、そのボランティア活動等を支援する。
  • 2. 教員等の研究活動の成果を踏まえた社会への知見の提供を支援する。

管理運営に関する方針

 成蹊大学は、その理念及び目的のもとで教育目標を実現し、社会の要請に応え、公共的役割を果たすため、管理運営に関する方針を以下のように定めます。

 

 管理運営
  • 1. 本学は、関係法令を遵守し、明文化された規定に沿った公正な意思決定と、これに基づく円滑な業務運営を行うとともに、情報公開を積極的に推進するものとする。
  • 2. 本学は、学長のリーダーシップのもと、円滑な大学運営と効果的な教学改革が実現するよう、学長、副学長、学部長、研究科長、その他役職者の権限と責任を明確化するとともに、規定、組織、管理運営体制の継続的改善に努めるものとする。
  • 3. 本学は、大学業務を円滑に行うため、適切な組織体制のもと、適切な人員を配置し、教職員の意欲及び資質の向上を図るための諸制度や環境の整備に努め、事務機能の強化を図るものとする。
 財政
  • 1. 本学は、教育研究を安定して遂行するための必要かつ十分な財政基盤を確立するため、中・長期計画に基づく納付金、寄附金、補助金等、財源の安定的確保に努めるとともに、外部研究資金を積極的に獲得するための組織・体制を整備するものとする。
  • 2. 本学は、明確な方針のもとで適切な予算編成を行い、予算執行及び決算については、内部監査、監事監査、公認会計士監査などによって健全性と効率性を担保し、財務状況の情報公開を積極的に推進するものとする。

内部質保証に関する方針

 成蹊大学は、以下の規則の下、組織、教育・研究活動及びその支援、学生の受入れ、修学・生活・進路支援、教育・研究環境の整備、管理運営・財務等に関する取組について点検・評価し、質の改善・向上を恒常的・継続的に図ります。

 

 成蹊大学内部質保証に関する規則pdf
 成蹊大学自己点検・評価実施に関する規則pdf