News&Topics
トップページ > News&Topics > 2014年度 > 詳細ページ

成蹊学園シェイクスピア・ウィーク2014を開催しました

2014年 09月 26日

9月18日(木)から24日(水)までを「成蹊学園シェイクスピア・ウィーク2014」と設定し、期間中さまざまなイベントを行いました。

9月20日(土)には、成蹊大学5号館101室にて、文芸評論家の小野俊太郎氏をお迎えし「肉とお金と恋の物語」と題した講演会を行っていただきました。翌21日(日)に開催された『ヴェニスの商人』公演の見所等をご解説いただき、95名の来場者が熱心に耳を傾けました。

9月21日(日)のケンブリッジ大学ペンブルック劇団による『ヴェニスの商人』公演には約300名が成蹊大学4号館ホールに来場しました。ペンブルック劇団はハリウッド・スターも生み出した名門劇団で、今年度は13名の劇団員を招聘し、8度目の成蹊公演の開催となりました。

また劇団員は、本学での滞在期間中に、成蹊小学校、成蹊中学・高等学校および成蹊大学の英語授業にゲストスピーカーとして参加したほか、中高生、大学生を対象としたワークショップも行いました。中学・高等学校では約45名、大学では約75名がワークショップに参加し、演劇のベースとなる身体や声の使い方、歌を用いたエクササイズなどのグループワークを楽しみました。さらに、大学生を対象としたEnglish Chat Timeでは、少人数のグループで、食事やファッション、旅行、時事問題など多岐に渡るテーマについて意見を交換し、交流を深めました。