News&Topics
トップページ > News&Topics > 2016年度 > 詳細ページ

卒業生で、世界各地を教師・フォトエッセイストとして渡り歩く倉典暁氏の講演会が行われました

2016年 06月 16日

竹内敬子教授の担当する、文学部の授業「国際文化研究A」にて、6月9日(木)、卒業生で世界各地を教師・フォトエッセイストとして渡り歩く倉典暁氏の講演会『世界に暮らす~居候から見える異文化交流』が行われました。

倉さんは本学文学部を卒業後、2001年に渡米以来、アジア・ヨーロッパ・北南米の各地を教師およびフォトエッセイストとして渡り歩き、ノルウェーでは大学講師として滞在中にノルウェー初の広島原爆展を開催したり、ラトビアでは高校教師として滞在中にNHK BSの「地球アゴラ」に出演しラトビアの文化を紹介したりするなど、世界と日本をつなぎ、また、ネイティブとアウトサイダーの狭間に現れる人間模様を写真と物語で描くストーリーテリングをライフワークとしています。

倉さんは各国でのさまざまな経験を語ってくださり、世界を渡り歩く行動力を感じた学生達は、倉さんの話を興味深く聞き入っていました。