News&Topics
トップページ > News&Topics > 2016年度 > 詳細ページ

文学部 墓田桂教授の著書『難民問題―イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本の課題』の短評が読売ONLINEの書評コーナーに掲載されました

2016年 10月 25日

文学部墓田桂教授(研究分野:国際政治)の著書『難民問題―イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本の課題』(中央公論新社刊)の短評が読売ONLINEの書評コーナーに掲載されました。

「世界が直面する問題の全体像を描きだした、タイムリーな1冊である」と評されています。

読売ONLINEはこちら