News&Topics
トップページ > News&Topics > 2016年度 > 詳細ページ

理工学研究科1年の杉井健太郎さんが、第42回(2016年)感覚代行シンポジウムにおいて、感覚代行研究奨励賞を受賞しました

2016年 12月 20日

理工学研究科 システムデザインコース 人間工学研究室(大倉元宏教授)の大学院生 杉井健太郎さんが、第42回(2016年)感覚代行シンポジウムにおいて、感覚代行研究奨励賞を受賞しました。

受賞内容は以下のとおりです。

<第42回(2016年)感覚代行シンポジウム>
開催日:12月12日(月)~13日(火)
開催場所:産業技術総合研究所臨海副都心センター(東京都江東区)
受賞名:感覚代行研究奨励賞(Sensory Substitution Research Incentive Award)
受賞者:杉井健太郎(理工学研究科博士前期課程1年生)
受賞講演:頭部および肩部の水平回転が正面指示および視覚遮断直進歩行に及ぼす影響
       杉井健太郎(成蹊大学)
       豊田航(成蹊大学)
       尾形真樹(杏林大学医学部付属病院アイセンター)
       大倉元宏(成蹊大学)