News&Topics
トップページ > News&Topics > 2016年度 > 詳細ページ

法科大学院 武田真一郎教授の記事が琉球新報および沖縄タイムスに掲載されました

2017年 01月 12日

沖縄県名護市辺野古移設にかかる報道の中で、法科大学院 武田真一郎教授(専門分野:行政法)のコメントが、12月21日(水)琉球新報および12月24日(土)沖縄タイムスに掲載されました。

辺野古新基地建設をめぐり翁長知事が敗訴した12月20日の最高裁判決について、埋立承認取消処分は翁長知事の裁量行為であり、知事の判断が尊重されることを見落とした点で本判決には疑問があるが、今後は翁長知事による埋立承認の撤回の可否が争点になると指摘しています。