News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

理工学部 三浦正志教授の研究グループが産総研・昭和電線ケーブルシステムと低コスト型高温超電導線材で世界最高の磁場中臨界電流密度を実現しました

2017年 04月 17日

理工学部 三浦正志教授(専門分野:超電導工学、ナノ材料工学)は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)と昭和電線ケーブルシステム株式会社(以下「昭和電線ケーブルシステム」という)と共同で高温超電導体のイットリウム系酸化物超電導線材の超電導層の形成プロセスを改良し、現時点で世界最高の磁場中超電導特性(臨界電流)を実現しました。
これらの成果は、平成29年4月14日に産総研にて記者会見が行われ毎日新聞、朝日新聞、東京新聞、化学工業日報、ガスメディア社、産業新聞社、鉄鋼新聞社が取材に訪れました。
今回の成果により、液体窒素温度下や冷凍機温度下でのモーターや発電機など省エネ産業用機器、MRIや重粒子線加速器など医療機器の超電導磁石への応用が期待されています。すでにイットリウム系酸化物超電導線材の製造・販売を行っている昭和電線ケーブルシステムは、今回の成果をベースに製品開発を行い、産総研と成蹊大学は引き続き高性能化の技術開発により実用化を支援する予定です。 
この内容は、4月17日付けの化学工業日報、電気新聞、日刊産業新聞、鉄鋼新聞に掲載されています。

産業新聞の記事はこちら(外部リンク)

産総研のプレスページはこちら(外部リンク)

産総研記者会見.JPG0413-1.jpg