News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

理工学研究科の栗原大輝さんが日本化学会 第97春季年会において CSJ Student Presentation Award 2017 を受賞しました

2017年 05月 09日

理工学研究科 物質生命コース 生体分子化学研究室(戸谷希一郎准教授)の大学院生 栗原大輝さんが、3月16日(木)〜19日(日)に慶應義塾大学日吉キャンパスで開催された「日本化学会 第97春季年会」において、英語による研究発表を行い、学生講演賞 (CSJ Student Presentation Award 2017) を受賞しました。

受賞内容は以下のとおりです。

学会名:日本化学会 第97春季年会(日本化学会 主催)
会 期:3月16日(木)〜19日(日)
会 場:慶應義塾大学日吉キャンパス
受賞名:CSJ Student Presentation Award 2017
受賞者:栗原大輝(理工学研究科博士後期課程3年)
共著者:戸谷希一郎(理工学部准教授)、平野真(前 理工学部助教)、伊藤幸成(理研 主任研究員)、Spencer J. Williams(メルボルン大学教授)
論文題目:Discovery of Regioselective Mannose-trimming Pathways in the Endoplasmic Reticulum by Using Selective Inhibitors