News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

理工学部 戸谷希一郎准教授らの論文が欧州科学誌『ChemBioChem』の "Inside Cover" に選ばれました

2017年 05月 17日

理工学部物質生命理工学科 戸谷希一郎准教授(専門分野:糖質化学、糖鎖生物学)のグループの「相補的な阻害剤による小胞体内の独立したマンノシダーゼ活性の選択的調節 (Selective Manipulation of Discrete Mannosidase Activities in the Endoplasmic Reticulum by Using Reciprocally Selective Inhibitors)」と題された学術論文が、欧州科学誌『ChemBioChem』に "Inside Cover" として掲載されることが決まりました。

本論文は5月15日付ニュース欄に掲載のように、査読者の推薦によって "Very Important Paper" に認定されたもので、今回、別途、編集者の推薦によって、その研究内容を 2017年18巻11号の "Inside Cover" として取り上げることが決定しました。

欧州科学誌『ChemBioChem』誌の掲載ページはこちら