News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

理工学研究科大学院生の木村成輝さんが「European Chapter Meeting of the Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society 2017 (TERMIS-EU 2017)」においてSYIS Best Poster Awardを受賞しました

2017年 07月 28日

理工学研究科 物質生命コース 薄膜・表面物性研究室 (中野武雄教授) の大学院生木村成輝さんが、「European Chapter Meeting of the Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society 2017 (TERMIS-EU 2017)」における研究発表に対して、SYIS Best Poster Awardを受賞しました。

TERMIS-EU 2017は再生医療および組織工学に関わる国際会議で、口頭発表の他に約900件のポスター発表がありました。SYIS (Student and Young Investigator Section) Best Poster Awardは、博士号取得後3年以内の研究者および学生・大学院生の応募者の中で上位3名に贈られた賞です。

受賞内容は以下のとおりです。

主催団体: Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society (TERMIS)
学会名: TERMIS-EU 2017
開催日: 2017年6月26日(月)~30日(金)
開催場所: Davos Congress Centre (スイス・ダボス)
受賞名: SYIS Best Poster Award
受賞者: 木村成輝 (理工学研究科博士前期課程1年生)
共著者: 橋本良秀、舩本誠一、岸田晶夫、張永巍、山下暁立 (東京医科歯科大学)、
大家渓、中野武雄 (成蹊大学)
受賞演題: Fabrication of visible marker on decellularized tissue for ultrasonography via reactive sputtering