News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

法学部 今井貴子教授の解説が『VOICE』平成29年9月号に掲載されました

2017年 08月 18日

法学部政治学科 今井貴子教授(専門分野:政治学)の解説が『VOICE』平成29年9月号に掲載されました。

今井教授は、「ポスト・トゥルース」についてイギリスのEU離脱をめぐる論争を題材に次のように解説しています。

イギリスのEU離脱を決した2016年6月の国民投票に前後して、客観的真実よりも個人の信条や感情に訴える情報のほうが世論形成に大きな影響をもつ「ポスト・トゥルース」といわれる状況が指摘された。その本質には、「ポスト・トラスト」というべき既存のエリート政治家や専門家への信頼の崩壊がある。それでは、失われた信頼はいかにして再構築され得るのか。その手がかりは、2017年6月に実施された総選挙結果にみることができるのではないか。