News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

法科大学院 武田真一郎教授のコメントが読売新聞に掲載されました

2017年 11月 02日

法科大学院 武田真一郎教授(専門分野:行政法)のコメントが、10月28日読売新聞朝刊に掲載されました。

武田教授は、和歌山県で発生した集団食中毒事件で県が給食業者を営業停止処分にしたところ、裁判所が処分を取り消したことにつき、「営業停止処分のような公権力の行使は必要最小限でなければならない。営業停止を求める行政指導でも対応できたのではないか」とコメントしています。

記事はこちらからご覧いただけます。