News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

法学部 西山隆行教授の論考が笹川平和財団の「アメリカ現状モニター」ページに掲載されました

2017年 12月 13日

法学部政治学科 西山隆行教授(専門分野:政治学)の論考が笹川平和財団の「アメリカ現状モニター」ページに掲載されました。アメリカ現状モニターの一環として、ドリーマーと呼ばれる、幼少期にアメリカに不法越境してきた人々をめぐるトランプ大統領の決定が、今後のアメリカ政治に及ぼす影響について考察しています。

記事はこちらからご覧いただけます(外部リンク)