News&Topics
トップページ > News&Topics > 2017年度 > 詳細ページ

法科大学院 武田真一郎教授の講演内容が琉球新報、沖縄タイムスに掲載されました

2018年 01月 10日

法科大学院 武田真一郎教授(専門分野:行政法)が12月26日に行った講演の内容が、12月27日琉球新報朝刊2面および沖縄タイムス朝刊25面に掲載されました。

武田教授は、12月26日に那覇市で行われた講演で「辺野古新基地建設をいったん白紙に返すための唯一の法的手段は、沖縄県で県民投票を実施して埋立承認を撤回する公益上の必要性があることを明らかとし、その上で翁長知事が承認の撤回をすることだ」としています。